ヴェルファイアの鍵を紛失したときの対処法とスマートキーの電池交換

この記事では、トヨタ ヴェルファイアの鍵を紛失したときの対処法と、スマートキーの電池が切れてしまったときの電池交換方法を説明していきます。

ヴェルファイアの鍵紛失時の対処法

  1. スペアキーを使う
  2. 新しく鍵を作成する




一番簡単で安く解決できるスペアキー

一番手っ取り早いのがスペアキーでの解決方法なんですが、スペアキーはありますか?

家や会社にスペアキーがあれば、誰かに持ってきてもらうか、自分で取りに帰りましょう。

誰かに持ってきてもらうのに気が引けたり、スペアキーがあるところまで結構離れていたとしても、スペアキーを使って車を動かす方法が、絶対に費用(掛かるのは交通費代ぐらいなので)も安く済み時間も掛からないです。

 

新しく鍵を作るために業者へ依頼をする

そもそもスペアキー自体紛失してしまってもうどこにも鍵が完全に無い場合は、業者に解決してもらうしか方法はありません。鍵は車の中にあるがインロックしてしまって、ドアが開けられないときは、JAFに来てもらうのもありです。

JAFは鍵を開錠することはできますが、鍵作成はできないので注意してくださいね。

トヨタディーラーか鍵業者を選んで、スグにでも依頼をしましょう。

トヨタのディーラーへ依頼をする

イモビライザー搭載車の鍵をディーラーで0から作成してもらうには、時間も費用も非常に掛かってしまいます。

今いるところから一番近いディーラーに連絡するか、今後のことを考えて家の近くのディーラーにするのかはお任せしますが、まずディーラーの電話番号を調べて電話をしてください。

電話番号は、トヨタHPかスマホで「◯◯(地域名) トヨタディーラー」で検索するとスグに出てきます。

ディーラーへ連絡するとレッカー移動から鍵作成までスムーズにおこなってくれますが、レッカー移動代など鍵作成以外に必要なお金が掛かってくるので、結構高額になってきます。

また、完全に鍵が無いところから鍵を作るには、車側に内蔵されている鍵の電波を受信するコンピューターから交換しないとダメなので、数日から1週間ぐらい時間もかかります。

ディーラーへ頼むメリットは、確実に直って戻ってくる。スペアキーも一緒に作成できる。

逆にデメリットは、時間も費用もとても掛かる。修理期間中、代車が必要。

時間的にも、費用的にも余裕がある人は、ディーラーで鍵を作成することをオススメします。

 

近くの鍵専門業者へ依頼をする

イモビライザー搭載車でも最近の鍵屋さんではスマートキーを0から作成することが可能です。

ただしイモビライザー搭載車の鍵を作るには、高い技術と専用の機械が必要になるので、どの鍵業者でも対応ができるわけではありません。

なので、特殊機械と技術を持っている一部の業者しか対応ができないと思ってください。

鍵業者に依頼をしても高額にはなってきますが、車をレッカー移動させたりどこか場所を移して作業をすることがないので、レッカー移動代は掛かってきません。

ヴェルファイアの年式や鍵の種類、依頼する時間帯(深夜や早朝)によって、金額は上下しますが、だいたいイモビライザー搭載車のスマートキーを0から作ると、5万円〜10万円前後してきます。

ディーラーだと、鍵作成だけで10万円以上掛かるケースもあります。

鍵業者の良いところは、その日のうちに作業をしてくれるので、スグに車を使わないといけない人にとってはとてもありがたいです。

ただし、0から鍵を作るにはドアの鍵を鍵穴から作って、その後、エンジン始動のために車側の鍵受信装置を取り出して、鍵のデータを登録させるという非常に手間が掛かる作業を行います。

なので、1時間程度で終わることはほぼ無く、昼から作業をスタートして、夕方まで掛かってしまうケースが多いです。予定が詰まっている人は全てキャンセルした方がいいかも。

鍵業者に依頼した方が良いですよと簡単に言っても、ほとんどの人が初めて依頼するはずなので、ここでは、失敗しない鍵業者の選び方をお伝えします。

悪徳業者もいるのがこの世界

だいたい鍵業者に依頼することって人生で一度あるかないかぐらいなので、この業界のことを知らない人がほとんどです。


こんな事結構ザラにあるんです。

何を伝えたいかと言うと、鍵を失くしたときは不安で一刻も早く解決したい気持ちが強く、料金が高額でも払ってしまう人が多い。また、そもそも明確な料金表がないので、料金の基準が分からない。

この状況を逆手に取って、作業を終えてから高額請求してくる悪質なボッタクリ鍵業者が一部存在しているんです。

関連記事 > >電話する前に!良い鍵業者とぼったくり鍵業者のわかりやすい特徴。

鍵業者に依頼をするときには

これもスマホで「◯◯(地域名) 鍵業者」で検索すると結構な数がヒットしますが、どの業者を選べばいいか分からないと思います。

鍵専門業者については、業者の口コミや電話対応などを直接調べ尽くした情報をもとに、安心できる業者3選を選んでいる全国対応可能な鍵業者12社の特徴を徹底紹介!その中でもおすすめの鍵業者3選の記事を参考にしてみてください。

スマホで検索して、上位表示された業者に頼むのもいいのですが、鍵業界には作業後に高額な金額を請求してくる悪質業者もいるので気を付けてくださいね。

 

インロックだけの場合はJAF(ロードサービス)を呼ぶ





JAF(ロードサービス、以下JAF)は車のトラブルを解決するスペシャリスト。

JAFはレッカー移動やタイヤのパンク交換だけじゃなくて、鍵も開けてくれます。
会員になっている場合は、無料で解錠作業をしてくれます。まぁそのために会費を払ってますので。

JAFでは、鍵の作成をやっていないので、車の中に鍵を閉じ込めてしまった場合に有効です。

一般道でも高速道路(SA・PA内)キー閉じ込みは、会員の場合 無料。会員でない場合実費となります。+部品・油脂・燃料代は実費負担になります。

キー閉じ込みの時の料金表

作業場所 作業する時間 会員 非会員
一般道 8~20時 無料 12,880円
20~8時 14,940円
高速道路 8~20時 14,940円
20~8時 16,990円

 

JAFの連絡先はコチラ


JAF連絡先 全国共通・年中無休・24時間

0570-00-8139

通話料は有料

(固定電話は1分/10円、携帯電話は20秒/10円)。ただし、一部のIP電話等からはご利用になれません。

 

 

電話が繋がりにくい場合は、アプリやメール等の方法もあるので、試してみてください。

>>JAF(ロードサービス)を呼ぶ

JAFはドアの鍵を開けてくれるだけじゃなくスペアキーを作ってもらえる業者を紹介してもらえるサービスもあるので、必要であれば聞いてみてください。

鍵はあるのにドアが開閉できないときの対処法

ただ単にスマートキーの電池切れの可能性があります。

電池の消耗はだいだい1~2年で、鍵を置いている場所によっても変わってきます。テレビの近くだと早く消耗するようです。

スマートキーの電池交換は、ディーラーや車屋さんに持って行かなくても自分でカンタンにできるので一度トライしてみてください。

車種によって使われている電池は違うので、自分のヴェルファイアで使用されているボタン電池の品番を確認して、電気屋さんやホームセンター、コンビニ等で買ってください。200~300円で売ってます。

ヴェルファイアで多く使われているのが、CR1632のボタン電池。

よく似た大きさや品番が数多く並んでいるので、間違えて違うのを買わないように気をつけてくださいね。

電池交換方法については、動画で分かりやすいものがあったので載せておきます。参考にください。